流氷

海岸から見る流氷

driftice_images001.jpg

流氷をじかに体験するなら海岸に降りて行くのもいいでしょう。
網走の海岸は岩礁が少なく、砂浜が続いています。 ニツ岩から前浜までの海岸線、鱒浦から北浜までの海岸線、ともに流氷が接岸した時には、すぐ間近で見ることができます。 そして、流氷のひとかたまりが、意外に大きいことが実感できます。なお、流氷の時期以外でも、天都山のオホーツク流氷館に行くといつでも本物の流氷を見ることができます。

流氷ひとくちメモ

一般的に海に浮いた氷を「流氷」と呼んでいますが、川や湖で凍った「河川氷」、雪が氷河となって海に流れ込む「氷山」に対して、海水が凍ってできた氷は「海氷」と呼ばれています。実はオホーツク海の流氷のほとんどは、正確に言うとこの「海氷」になります。
オホーツク海の最北西部沿岸で厳しい寒気に吹き付けられた海水は、-1.8度まで冷えると海面近くに小さな針や板状の氷に変化します。氷晶(ひょうしょう)の誕生です。これが少しずつ増えて、やがて海面を覆います。それが互いにぶつかり合ったり、結合したりして蓮の葉状の氷に成長します。

流氷マップ

11月頃に誕生した蓮葉氷は強い北西の季節風と東カラフト海流に乗って、さらに成長しながらゆっくりとオホーツク海を南下します。それが1月下旬~2月上旬に北海道のオホーツク沿岸へとたどり着きます。
この流氷に含まれる塩分は0.5%前後で、海水の1/6以下です。氷の結晶が次々にくっつき合って大きくなる流氷ですが、凍りにくい塩分だけが取り残されたようになります。その様子は顕微鏡で流氷を見るとよくわかります。
オホーツク海は流氷が来ると漁業はいったんお休みになります。しかし、流氷の下には大変な量と種類のプランクトンが活動しています。クリオネもそのひとつです。実はそのプランクトンを追って還流系の魚たちも大挙して押し寄せているのです。オホーツク海の豊富な魚介類の資源は自然自らが守っているといえるでしょう。

網走流氷観光砕氷船「おーろら」

1月20日~4月3日までの毎日運航!

網走流氷観光砕氷船「おーろら」

冬の流氷観光の人気アクティビティが流氷砕氷船「おーろら」です。船底が氷塊にぶつかり船全体が振動する迫力は圧巻です。また、流氷とともに訪れる動物たち。悠然と飛ぶオジロワシや流氷の上でのんびりと昼寝をするアザラシにも出会えるかもしれません。

●運行期間:1月20日~4月3日
●所要時間:1時間

(出航時間の15分前には乗船手続きをお済ませください。)

本日の運行状況

のりば「みなと観光交流センター」

道の駅 流氷街道網走に併設された「みなと観光交流センターおーろら ターミナル」。
アクセスには、網走バス(株)の市内施設巡りバスも運行いたします。

ご予約・お問合せ

道東観光開発 株式会社
〒093-0003
北海道網走市南3条東4丁目5の1 道の駅(流氷街道網走)
TEL:0152-43-6000 / FAX:0152-43-6200

流氷砕氷船おーろら公式サイト

流氷物語号

網走-知床斜里間を毎日2便運行する流氷物語号は、オホーツクの海岸線をゆっくりのんびり走るとてもユニークな列車です。
この列車に乗って約1時間の流氷見物をお楽しみください。2号・4号では途中にある道の駅で記念品を購入することもできます。車窓からはずっと知床連山が眺められます。

主なお問合せ・お申し込み先

JR網走駅
〒093-0046
北海道網走市新町2丁目2−12
TEL:0152-43-2362

JR網走駅
イベントカレンダー

観光施設や季節の観光スポットをチェックできます!

網走や近隣のホテル、日帰り入浴などを掲載しています。

網走ならではのグルメや飲食店の紹介を掲載しています。

特産品やお土産を紹介しています。海鮮土産もチェック!

春夏秋冬アクティビティを紹介!網走だからできるアクティビティも。

網走公認ご当地キャラ「ニポネ」の情報が満載!